kyoto特集ー294話「表千家」

先般「裏千家」を御紹介したが、今回は「表千家」をご紹介する。

ではその「表千家」の歴史をまづお読みいただきたい。

Omotesenke(英語解説)

http://en.wikipedia.org/wiki/Omotesenke

Omotesenke-tea ceremony in English introduction

http://ro.gogaku.jp/videos/detail/_YTowrrGhcs/index.html

今なぜ伝統から学ぶ「礼儀作法」なのか?

http://www.youtube.com/watch?v=KXsKyFDtgu8

一流人の作法とは

http://www.youtube.com/watch?v=psOSrNLg_8o

ご参考になりましたでしょうか・・・???

Nori

追記

Pali-hiに入学してほどなくだったと記憶しているが同じ通りの坂の上に住んでいる同学年のEmmet Actermanが我が家に来たいといってきた。無論きてくれと言った。

当日約束の時間にベルがなりドアをあけたら靴を脱いでいた。アメリカの家では靴を脱いて入る習慣がない。
靴をはいたままでもいいよ、といったら

「My Dad said, when you visit Japanese family, it is the manner to take your shoes off.」と言われたのでと。

いい奴だった。

あれから半世紀、「裏千家表千家もわからない,またマナーもひどい高学歴の低能がいる。」とのメール(複数)が当該人の実名入りで本社ならびに海外支店から入った。(「裏千家にいくべきところを表千家いき当惑させた。」と。)

どうせ裏口入学して、<裏>から入るにはにはトラウマがあったのであろう・・・。おそまつである。

今現在50周年にむけての大事な時期である。
「情報源秘匿」なので今回は「封印」しておくが、我が社の恥を晒すようなことは二度とやるな。

まことに情けない。

最後にKyotoをこよなく愛した、今は亡きかつて我が社の同僚の矢口國夫くんの御霊に、同志社大学応援団の応援歌を捧げる。

同志社大学応援団応援歌

http://www.youtube.com/watch?v=SvceJVWz-jI

Pali-hi応援団長のNori

(予告 次号は武者小路家です。)